新ジャンル!?ニンジャスレイヤーとは?

ニンジャスレイヤーは15分程度のアニメとして放送されていた作品で、いわゆるアメコミテイストの作風でした。私は元々原作については全く知識がない状態で視聴したのですが、最初に観た感想は「すごいのを観たな…」でしたね。ストーリーとしては家族を奪われた主人公がその復讐のために動き出すというものですが、何しろギャグ的要素が所々に出てくるので、復讐がテーマなのにも関わらず、重さを全く感じさせてくれませんでした。例えば戦う前に「ドーモ」と挨拶するとか、「アイエエエ!?」という謎の驚きのリアクションが出てくるなど、当初の設定をこれほどまでに台無しにしている点は逆に感心させてくれましたね。「日本文化がどうとか細かいことは置いておこう」というスタイルと間違った日本の解釈を上手く表現できている名作であることは間違いありません。

これは余談ですが、アニメと言っても紙芝居のような感じになっていますのでその意味でも笑えるかと思います。色々と突っ込みどころに困らない作品ですが、個人的にこうした悪乗りしたような作品は大好きです。アニメも一時期と違って目新しさに欠けている面が少なからず存在していることを思えば、新しいジャンルを開拓したと言っても過言ではないような気がしますね。

その意味では面白い試みですし、今後ニンジャスレイヤーのような作品が増えてくるかはわかりませんが、観ていて飽きなかったのは確かなので、一見の価値はある作品ですよ。

色々なのも見れますし動画配信はかなり便利です。アニメもエロ系はそういうサイトを利用しなきゃだめっぽいです。でも調べてみたらエロアニメサイトの料金も思っているよりは安いからやはり配信サービスは便利すぎですね。

http://xn--ick6azi8ae1b3d.com/eroanime/