他のガンダムシリーズとは異なるGガンダムの魅力について

機動武闘伝Gガンダムはガンダムシリーズの中でも印象が強く残っているアニメですね。この作品は少し前に動画視聴サイトで改めて観てみたのですが、やはり面白い作品だなと思いました。ガンダムシリーズというと重めのストーリーとロボットによる戦闘がメインの作品ですが、Gガンダムに限っては戦闘方法という点で全く違っていますね。一般的なガンダムは近接戦闘でビームサーベルを、遠距離戦闘ではビームライフルによる狙撃が基本でしたが、この作品は武闘伝の名の通り、素手、もしくは武道を用いての戦闘スタイルになっています。

なので、ガンダムファンの間でも評価が分かれる作品なのかもしれませんが、私個人としては面白い試みだと思いますし、別に特定の戦い方にこだわる必要もありませんよね?むしろこのアニメによってガンダムというジャンルの可能性が広がったとも言えるのではないでしょうか。アクション要素を強めることによってテンポや爽快感も上がっていますから、より多くのファンを増やすことにも成功していると思います。

一度成功したアニメがそのスタイルを貫くのは確かに大切な事ですが、同時により多くの可能性を求めていかないと息の長い作品にはなりませんので、その意味では意欲作とも言えるでしょう。ガンダムという作品に熱血アニメ的な要素を追加したらどうなるのか?という可能性の一つの答えになるアニメであり、動画視聴サイトでもガンダムシリーズは取り扱われていることが多いですから、是非一度観ていただきたい作品ですね。